よくあるご質問

「特定非営利活動法人リカバリーサポートセンターACTIPS」に関して、市民の方からよくいただくご質問とその回答を掲載しています。お問合せの前に、こちらをご確認ください。

団体についてのご質問

Q1 ACTIPSは何をやっている団体なのですか?

精神に障がいをおもちの方を、医療・保健・福祉などの面から包括的に支援する団体です。支援プログラム「ACT-J」を中心とした事業を行っています。詳しくは「ACTIPSについて」をご覧ください。

Q2 ACTIPSとACT-Jとの関係がわかりません。

「ACT-J」はACTIPSの活動のひとつで、事業の中心になっています。国立精神神経センター・精神保健研究所と同センター国府台病院が中心となって取り組んだ、日本初のACT研究チーム「ACT-J」がはじまりです。詳しくは「ACTとACTIPSのサービス」をご覧ください。

Q3 なぜ医療法人ではなく、NPO 法人の形態でACTIPSを運営しているのですか?

医療に限らず、保健や福祉も含めて包括的なサポートを提供するにあたり、医療を中心とする医療法人ではなく、NPO法人という形態をとっています。

▲このページの先頭へ戻る


ACTIPSの事業やACTについてのご質問

Q1 ACT-J以外にはどんな活動をしていますか?

現在は学会や精神保健福祉に関する研修会などへの講師派遣や、精神保健福祉の関係者など医療関係者による見学・実習の受け入れなどACTの普及啓発活動を行っています。
今後は、地域の発展に貢献できるような活動を展開していきたいと考えています。ACTIPSが地元の商店街との繋がりのなかで一緒に始めた、市川市のマナー条例を啓発する取り組みや、住居支援ネットワークづくりをはじめとして、NPOとして地域の方々と協働して公共の利益になるような活動を増やしていく予定です。

Q2 ACT-J プログラム以外にも支援プログラムがありますか?

ACTIPSでプログラムと呼べるような取り組みはACT-J以外にはありません。現在の活動の中心はACT-Jですが、利用者が地域の活動を広げていくなかで新しい繋がりも生まれていますので、その中から必要なプログラムを増やしていければと考えています。

Q3 アメリカ式ACT と比較して、日本式ACT にはどのような工夫があるのですか?

正確にご説明するためには多くのページを割く必要があり、簡単にご説明するのはとても難しいのですが、強いて一つの例をあげるとすれば、日本の精神障がいを持つ方々の家族との同居率はアメリカよりも高いため、家族も含めて包括的なサポートが求められていることなどがあります。

Q4 ACTIPSの活動についてもっと知りたいのですが、見学などはできますか?

見学については、ACTを新しく立ち上げる方々を対象に限らせていただいております。ACTの立ち上げを考えておられる精神保健福祉関係の方で見学や実習をご希望される方は、お手数ですがメールにてご連絡ください。チームの活動状況や利用者の支援計画に基づいて受け入れを検討させていただきます。

Q5 ACTについての研修会を実施しようと考えています。講師の派遣依頼はできますか?

精神保健福祉に関する研修会や学会、職能団体、大学などで、ACTに関するテーマでの講師の派遣を検討されている方は、お手数ですがメールにてご連絡ください。法人の活動計画やご依頼の内容に基づいて派遣を検討させていただきます。

Q6 ACTIPSのほかにもACTを行っている団体はありますか?

現在、ACTを実践しているチームは全国に20か所程度あります。詳しくは「COMHBO ACT-IPSセンター」をご覧ください。

▲このページの先頭へ戻る


支援サービスの利用についてのご質問

Q1 ACT-Jを利用したいのですが、どうすればいいですか?

ACT-Jが実施するACTという支援プログラムは重い精神に障がいを抱えた方を対象に発展した経緯から、厳密な加入基準があります。地域性や各ACTチームの状況によって加入基準に若干の違いはありますが、誰にでもサービスを提供できるわけではありません。通院先の主治医や各自治体の支援課窓口、保健所などにご相談ください。

Q2 ACT-Jを利用するのはどういう人ですか?

重い精神障がいをお持ちのかたで、以下の基準に合致する人です(2013年4月現在)。

「ACT-J」利用の加入基準(クライテリア)

・年齢:18歳から65歳まで
・疾患:統合失調症・双極性感情障がい・重症うつ病
     ※発達障がい・知的障がい(IQ50以下)は除外
・居住地:千葉県市川市および松戸市南部(キャッチメントエリア)
     ※半径8キロ、車で30分圏内
・日常生活機能:ひとりで日常生活や社会生活が営めない状態が6ヶ月以上続いている
・障がいの重さ:
   1年に2回以上の入院または年100日以上の入院
   長期入院(1年以上)からの退院
   長期のひきこもり
   医療を中断している、あるいは未受診

Q3 家族や友人が精神疾患に悩んでいます。相談に乗っていただけますか?

ACTIPSでは、利用者の方に責任を持って継続的な支援を行うべきだという考えから個別の相談はお断りさせていただいております。
精神科医療や保健福祉の現状はお住まいの地域によって異なることが多いため、お近くの市町村や保健福祉センターなど、まずは公的機関にご相談いただき対応を検討することをお勧めしています。

▲このページの先頭へ戻る


ご協力・ご協賛についてのご質問

Q1 障がい者支援に興味があるのですが、どういう協力の仕方がありますか?

障がい者に対する直接支援に興味のある方は、お近くの市役所や社会福祉協議会などでボランティア情報をご確認のうえ、ご相談ください。他にも地域新聞や広報誌などでも情報を得ることができます。
また間接支援として、多くの障がい者支援団体が賛助会員を募集していたり、寄付を募ったりしていますので、その団体の理念や活動内容に賛同される方はご協力ください。
ACTIPSのボランティア募集情報につきましてはブログにて随時お知らせいたします。

Q2 ACTIPSの一員として働くにはどうすればいいですか?

スタッフ募集の際はブログにてお知らせいたします。

▲このページの先頭へ戻る


そのほかのご質問

Q1 どの人がACTIPSを利用しているかについて教えていただけますか?

個人情報に関するお問い合わせに関してはお答えすることができません。