ACTIPSに集まる専門家

ACTの特徴のひとつは、さまざまな専門家が集まり、1つのチームとしていろいろな支援を行うということです。わたしたちACTIPSにも、精神科医・看護師・精神保健福祉士・作業療法士など医療や福祉の専門家のほか、就労支援の専門家などが在籍しています。

職種に関わらずすべてのスタッフが、支援の場で必要となる基本的な能力や視点を持っています。その上で場面に応じて、たとえば看護師なら身体面の管理が必要な場面で、作業療法士なら支援プランを組み立てる場面で、専門家ならではの力を発揮します。

act-j_3

seishinkai

kangoshi

seishin

sagyo

syusyoku

 


精神科医/Dr(Doctor)

精神科医は精神的な病を抱えた方を対象に診断したり治療したりする専門家です。精神科病院や診療所などで診察や薬の処方など、医学的な知識や技術を用いて医療的なケアを行います。

staff
病院では医師が指示系統のトップに立つことが多いのですが、利用者がいかに自分らしい生活を送るかということがテーマとなるACTでは、医師は常に脇役です。常に全体のサポートに回るという姿勢を意識する必要があります。たとえば生活を阻害しない薬物を考えるヒントは、ACTの支援を受ける利用者と日々訪問するケースマネージャーとの相談の中から生まれてきます。

一方で、生活支援に重点を置きすぎると、利用者の危機のサインを見逃してしまう危険性もあります。ケースマネージャーとは違う視点で、危機のサインをいち早く見つけることが医師の大事な役割であり課題でもあります。医療が関与するべきポイントを見逃さずに的確に関与することが、ACTのチーム精神科医に求められる役割です」
staff2

▲このページの先頭へ戻る

 

看護師/Ns(Nurse)

病気や薬、生活の上で困っていることなど、療養上のお世話をしたり、病がありながらも生活が成り立つよう相談に乗ったりします。

staff
「看護師としては利用者の身体の健康をケアするため、検査結果や身体の傷などに注意をはらっています。ただ、ACTでは医療知識だけでなく生活支援も含めた総合的な役割が求められるので、普段は看護師であることを忘れています。また、チームとして動いていることを意識し、他のスタッフとコミュニケーションを図りながら課題に関わるようにしています。

ACTでは利用者の良いところを見出して支援に役立てることが大切ですが、アイデアを出すということはとても難しい作業です。生活の幅を広げていけるように支援するにはどうすればいいかを考えることが課題です。家族が深刻な悩みを家族だけで抱え込まずに済むよう、今後は家族相談会も開催していきたいと思っています」
staff2

▲このページの先頭へ戻る

 

精神保健福祉士/PSW(Psychiatric Social Worker)

精神保健福祉士は精神障がいを持つ人を対象に生活の視点を持って関わり、彼らの人生が少しでも豊かになるように福祉の知識や技術を生かして支援をします。

staff
「利用者自身の望む暮らしを叶えるには何が必要かを一緒に考え実現できるようにすることも、病気をコントロールすることと同じくらい大切だと考えています。そこで、病気や障がいの種類ではなく、利用者の置かれた立場やその方を取り巻く環境に視点を向けるように努めています。

たとえ障がいを抱えた人であっても、堂々と胸を張って自分らしい生活をしていけるような地域づくりに貢献したいと考えています。そのために、地域に暮らすさまざまな人とつながり、いっしょに課題に取り組める環境を整えることが目標です。精神保健福祉士はチームの中でも唯一の福祉的な視点を持った専門職ですから、その視点を活かし、チーム全体の目が地域に向くように促していきたいと思っています」
staff2

▲このページの先頭へ戻る

 

作業療法士/OT(Occupational Therapist)

生活に障害をきたしている・あるいは予測される人に対して、その人らしい生活の獲得を図るため、日常生活の仕事・遊びなどの人間にかかわるすべての活動を治療や援助の手段として用いて、能力の維持や回復を目指すことを支援しています。

staff
「利用者や周囲の人たち・環境にそなわっている力を見出して、どのような工夫をすればその力を発揮しやすくなるか、アイデアを提供することが作業療法士の役割です。利用者本人が望む暮らしを支援するヒントは、一緒に喜びや苦労を分かち合うこと、利用者が歩んできた人生や想いに耳を傾けることから生まれます。そこで、生活の場を訪問して、日々の暮らしの幅広い側面を肌で知ることを大切にしています。

訪問型の支援スタイルは、どうしても利用者と支援スタッフ2人の関係にとどまりやすい傾向があります。でも、利用者の中には人とのつながりを求めている方がたくさんいます。そういう方々が地域の人たちとつながり、元気になれるような場を作っていければと思います」
staff2

▲このページの先頭へ戻る

 

就労支援専門家/ES(Employment Specialist)

障がいを持っていても働きたい人が社会のなかで役割が果たせるように、就職活動を一緒に行ったり、働くうえで困っていることの相談を受けたりします。

staff
「利用者の中には、不安や自信のなさから、働くことへの一歩を踏み出せない方がいます。まずは本人の働きたいという気持ちを温めて、どんな機会があれば一歩を踏み出せるか、チームで考えるようにしています。とはいえ、働く体験のできる機会や利用者の強みを活かせる機会はまだまだ多くはありません。企業での見学や実習体験だけでなく、商店街のイベントに参加するなど身近な機会も有効ですので、そうした選択肢を増やしていきたいです。

また就労支援担当者としては、働きたいと願う利用者と、働き手を求める事業主とを上手く引き合わせ、つないでいく仕組みを今後作りたいと思っています。1つの事業所だけでできることではないので、いろいろな事業所と協働することを考えています」
staff2