FUNができました!

 ACTIPSは発足以来、ACTチームを運営してきましたが、その経験やスキルを生かして、もっと幅広い多様なニーズに応えたいという思いから、少しずつ準備をはじめ、新しくFUN(Flexible Unique Needs adapted Approachの略)というチームを作りました。
 FUNもACT-Jと同じく多職種のアウトリーチチームですが、これまでACTが対象にできなかった利用者さんに支援を提供するだけでなく、精神的な障がいを抱える10代や20代の若者に対する支援に力を入れるようになりました。FUNの取り組みを通じて、ACTIPSがより地域に開かれ、社会に貢献できるようにしたいと思います。
 FUNチームは誕生したばかりでサイズもまだ小さいですが、そのぶん身軽で柔軟に対応できることが強みです。また幅広い層に対象を広げられたことで、新しいつながりや知識、経験が生まれています。FUNの活動については今後もホームページ等で詳しくご紹介していきますので、今後のFUNの活躍をどうぞご期待ください。